手鍋を提げる(読み)てなべをさげる

精選版 日本国語大辞典「手鍋を提げる」の解説

てなべ【手鍋】 を 提(さ)げる

人を使わず自分で煮炊きをするような、つつましい暮らしをする。貧しい生活をする。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「手鍋(テナベ)をさげさせながく貧苦のくるしみをかける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手鍋を提げる」の解説

手鍋てなべ・げる

自分で炊事をするような貧しい生活をする。多く「手鍋(を)提げても」の形で、好きな男との生活ならば苦労をいとわない意で用いる。
[類語]食うや食わず借金を質に置く火が降る提灯程の火が降る火を吹く力も無い貧に迫る貧乏の花盛り紙子四十八枚赤貧洗うが如し破窓はそうを射る釜中ふちゅううおしょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android