コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラタ 〈梵〉Mahābhārata

デジタル大辞泉の解説

マハーバーラタ(〈梵〉Mahābhārata)

古代インドの大叙事詩。18編、10万頌。口伝であったバラタ族の二王族間の戦いの物語が、4世紀ごろにまとめられたものという。神話・伝説・宗教哲学法律道徳などに関する多数の挿話を収める。
[補説]「摩訶婆羅多」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マハーバーラタ【摩訶婆羅多】

古代インドの大叙事詩。一八編一〇万頌から成る。400年頃に現在の形が確定。バラタ族の戦争の話を軸に、神話・伝説・哲学・宗教・道徳・風俗などを豊富に盛り込んでいる。 〔「摩訶婆羅多」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マハーバーラタの関連情報