コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラタ 〈梵〉Mahābhārata

デジタル大辞泉の解説

マハーバーラタ(〈梵〉Mahābhārata)

古代インドの大叙事詩。18編、10万頌。口伝であったバラタ族の二王族間の戦いの物語が、4世紀ごろにまとめられたものという。神話・伝説・宗教哲学法律道徳などに関する多数の挿話を収める。
[補説]「摩訶婆羅多」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マハーバーラタ【摩訶婆羅多】

古代インドの大叙事詩。一八編一〇万頌から成る。400年頃に現在の形が確定。バラタ族の戦争の話を軸に、神話・伝説・哲学・宗教・道徳・風俗などを豊富に盛り込んでいる。 〔「摩訶婆羅多」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マハーバーラタの関連情報