操行(読み)ソウコウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐こう〔サウカウ〕【操行】

道徳的な面からみた、ふだんの行い。素行。品行。「操行がよくない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこう【操行】

平生のおこない。品行。身もち。素行。 「 -が悪い」 「 -点」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐こう サウカウ【操行】

〘名〙 常日頃のおこない。行状。品行。みもち。
※三教指帰(797頃)上「操行如星、意趣疑面」
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉四「操行(サウカウ)からいふと、殆んど野良犬と択ぶ所のない程に堕落してゐた」 〔史記‐司馬相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android