コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あやつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あやつり

操人形芝居の略。浄瑠璃と三味線と人形の3つの要素で成り立つ。平安時代に,傀儡師 (かいらいし) と称する漂泊の芸人が操作した人形が,次第に発達して江戸時代初期に浄瑠璃や説経節と結びつき,主として京坂地方に発展した。その初期は,古浄瑠璃時代ともいうべき時期で,17世紀末から 18世期初めの竹本座や豊竹座の創設までは義太夫節への統一に向う浄瑠璃各派の勃興期であった。近世の操芝居が完成するのは,享1 (1684) 年大坂道頓堀西に竹本義太夫が開いた竹本座からである。近松門左衛門の作品に義太夫の語り,辰松八郎兵衛なる人形遣いの名人がそろって,18世紀前半はその全盛時代であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう〔サウ〕【操】

みさお。節操。貞操
「謹て―を全うし」〈織田訳・花柳春話

そう【操】[漢字項目]

[音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]みさお あやつる
学習漢字]6年
手先でうまく扱う。「操業操觚(そうこ)操作操車操縦操船操舵
からだを動かし鍛えること。「操練体操
心構えをしっかりもつこと。みだりに変えない志。「操守志操情操節操貞操徳操
[名のり]あや・とる・みさ・もち

みさお〔みさを〕【操】

[名・形動]《不変の美や気高さなどをいうのが原義》
自分の意志や主義・主張を貫いて、誘惑や困難に負けないこと。節操。「信徒としての
女性の貞操。「の固い妻」
上品で、みやびやかなこと。また、そのさま。
「うとき人に見えば、おもてぶせにや思はむと憚り恥ぢて、―にもてつけて」〈・帚木〉
常に変わらないこと。また、そのさま。
「深き山の本意(ほい)は、―になむ侍るべきを」〈・東屋〉
[補説]作品名別項。→

みさお【操】[作品名]

さくら吹雪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みさお【操】

( 名 )
志を固めて変えないこと。節操。 「固い-」
特に、女性が純潔を守ること。貞操。
( 名 ・形動ナリ )
精神的に上品で立派なこと。高雅なこと。また、そのさま。 「面伏せにや思はれむと憚り恥ぢて、-に持てつけて/源氏 帚木
常に変わらないこと。志操が変わらないこと。また、そのさま。 「哀にも-にもゆる蛍かな声たてぬべき此の世と思ふに/千載
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みさお

古く「風声、風流、気調、雅、美、麗、工」などを「みさお」と訓(よ)んだ。原義は「御青(みさお)」であり、霊妙な青さを表す語であった。そこで、つねに青さを保つ常緑樹のような不変の美を意味するようになったらしい。
 また、物事がつねに変わらないこと、心が周囲の状況に影響されないこと、固く志操を守ること、そしてより限定的に女性の貞操をさす用法が生じた。古語では、超俗の美、精神や行動の典雅をいう場合があり、考えや態度が変わらないところから、平静なようす、なにげないさまをもいった。「操つくる」とは平静を装うこと、「操をたてる」とは節操や貞操を守る意、「操を破る」とは節操を曲げ貞操をけがす意である。[兼築信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

操の関連キーワード治世の能臣、乱世の姦雄白銀の王座 前後篇勤操(きんそう)勤操(ごんぞう)神戸海軍操練所有知無知三十里鉄道クレーン節を全うする赤壁の戦い官渡の戦いビードロ鏡泰善(1)人形浄瑠璃海軍操練所武帝(魏)二張の弓近藤真琴山本毅軒福祉車両官渡の戦

操の関連情報