(読み)あらため

精選版 日本国語大辞典「改」の解説

あらため【改】

〘名〙 (動詞「あらためる(改)」の連用形の名詞化)
① あらためること。新しいものに替えること。更改。変改。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 調べただすこと。江戸時代、公儀の役人が罪科の有無、罪人・違反者の有無などを吟味し取り調べること。取り調べ。吟味。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「世の窂人改めに、皆々所を送りける」
③ 江戸時代、両替屋で手形を正金に換える時、真偽を調べて受け取ること。これで受け取ったあとは悪貨があっても返すことができない。⇔数丈(かずだけ)

あらた・む【改】

〘他マ下二〙 ⇒あらためる(改)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「改」の解説

かい【改】[漢字項目]

[音]カイ(呉)(漢) [訓]あらためる あらたまる
学習漢字]4年
古いものをやめて新しいものに変える。「改革改竄(かいざん)改修改悛(かいしゅん)改正改善改組改造改廃改良更改変改朝令暮改
検査する。「改札
[名のり]あら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android