コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改質法 かいしつほう

2件 の用語解説(改質法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

改質法【かいしつほう】

リフォーミングとも。石油精製工程の一つ。石油成分の炭化水素を熱や触媒の作用で変化させて組成や構造を変える操作。700〜900℃で触媒を用いて水蒸気とともに反応させる水蒸気改質(スチームリフォーミング)と,500℃,50気圧で適当な触媒を用いて水素の存在下で行う接触改質がある。
→関連項目ガソリン原油石油ナフサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいしつほう【改質法 reforming process】

化学反応によって炭化水素の組成や構造を変える技術をいい,リフォーミングとも呼ばれる。たとえば,石油ナフサを水蒸気とともにニッケル触媒上で700~900℃で反応させると,水素と一酸化炭素主成分とする合成ガスが得られる。これを水蒸気改質(スチームリフォーミング)という。また,石油ナフサを水素の存在下に,白金と酸性アルミナから成る触媒上で,約500℃,15~50気圧の条件下で反応させると,オクタン価の高いガソリンが得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone