改質法(読み)かいしつほう

百科事典マイペディアの解説

改質法【かいしつほう】

リフォーミングとも。石油精製工程の一つ。石油成分の炭化水素を熱や触媒の作用で変化させて組成構造を変える操作。700〜900℃で触媒を用いて水蒸気とともに反応させる水蒸気改質スチームリフォーミング)と,500℃,50気圧で適当な触媒を用いて水素の存在下で行う接触改質がある。石油ナフサを元に,オクタン価の高いガソリンを得たり,オクタン価の高い芳香族炭化水素,イソパラフィンを製造したりするのに利用される。
→関連項目ガソリン原油石油ナフサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいしつほう【改質法 reforming process】

化学反応によって炭化水素の組成や構造を変える技術をいい,リフォーミングとも呼ばれる。たとえば,石油ナフサを水蒸気とともにニッケル触媒上で700~900℃で反応させると,水素と一酸化炭素主成分とする合成ガスが得られる。これを水蒸気改質(スチームリフォーミング)という。また,石油ナフサを水素の存在下に,白金と酸性アルミナから成る触媒上で,約500℃,15~50気圧の条件下で反応させると,オクタン価の高いガソリンが得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android