コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水蒸気改質 スイジョウキカイシツ

2件 の用語解説(水蒸気改質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいじょうき‐かいしつ【水蒸気改質】

炭化水素水蒸気ニッケルなどの触媒を用いて高温下で反応させ、水素(または水素の混合ガス)を製造すること。原料として石炭、メタン液化石油ガスナフサなどが用いられる。水蒸気変成水素改質。スチームリフォーミング。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいじょうきかいしつ【水蒸気改質 steam reforming】

スチームリフォーミングともいう。炭化水素と水蒸気の反応によって一酸化炭素COと水素H2からなる混合ガス(合成ガス)を製造する方法。一般的な化学反応方程式は次のとおりである。工業的には,天然ガスLPG,ナフサなどの石油系炭化水素を原料とし,700~830℃,15~40気圧の条件下で,触媒上で水蒸気と反応を行わせる。触媒はアルミナを担体としたニッケル触媒であり,助触媒としてカリウムが加えられている。この触媒は硫黄分によって被毒され,活性を失いやすいので,原料中に硫黄分が含まれる場合はあらかじめ脱硫をする必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の水蒸気改質の言及

【改質法】より

…たとえば,石油ナフサを水蒸気とともにニッケル触媒上で700~900℃で反応させると,水素と一酸化炭素を主成分とする合成ガスが得られる。これを水蒸気改質(スチームリフォーミング)という。また,石油ナフサを水素の存在下に,白金と酸性アルミナから成る触媒上で,約500℃,15~50気圧の条件下で反応させると,オクタン価の高いガソリンが得られる。…

※「水蒸気改質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水蒸気改質の関連情報