コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線滅菌 ほうしゃせんめっきんradiation sterilization

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんめっきん【放射線滅菌 radiation sterilization】

放射線は殺菌効果を有しており,これを積極的に利用するプロセスを放射線滅菌と呼んでいる。
[医療用具の滅菌]
 現在世界的に広く実用に供されているプロセスに医療用具の放射線滅菌がある。近年プラスチック製ディスポーザブルタイプの熱に弱い医療用具が数多く使用されるようになっているが,これにコバルト60からのγ線を2~3Mrad程度照射して滅菌するプロセスが利用されている。従来はエチレンオキシドによるガス滅菌が行われてきたが,操作が簡便でなく,ガスの吸着残留による悪影響などに問題があり,それに対し製品をパックした後簡単に滅菌できることや,構造上ガス滅菌が困難な対象物にも適用可能であるといった特徴のため,しだいに放射線滅菌に置き換えられつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線滅菌の関連情報