コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政府契約 せいふけいやく

世界大百科事典 第2版の解説

せいふけいやく【政府契約】

国を一方当事者とする契約で,予算の執行方法として締結される私法契約。政府契約については,〈政府契約の支払遅延防止等に関する法律〉(1949公布)において,〈を当事者の一方とする契約で,国以外の者のなす工事の完成若しくは作業その他の役務給付又は物件の納入に対し国が対価の支払をなすべきものをいう〉(2条)と定義され,その締結,対価の支払等が規制されている。物品の納入契約や土木建築請負契約などが典型的な政府契約である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の政府契約の言及

【行政契約】より

…行政活動は命令や許可・認可など公権力の行使としてなされる行政行為が主な形式となるが,行政機能が多様化し権力的方式への批判が強くなるとともに,当事者間の合意によって成立する契約が従来にも増して広く用いられるようになる。公用のための用地買収,私有地等を借り受ける公用負担契約,国有・公有財産の貸付・売渡契約,政府契約と総称される物品納入契約・公土木建築請負契約・製造請負契約,それに国や地方公共団体の相互間での事務委託契約は伝統的なものである。現代における行政による事業経営やその他の給付的活動の増大は,公共施設や国・公営事業の利用契約,資金交付・貸付契約を増加させている。…

※「政府契約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政府契約の関連キーワードポニーエクスプレス行政契約

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政府契約の関連情報