コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治倫理 せいじりんり

2件 の用語解説(政治倫理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治倫理
せいじりんり

国民全体の代表者として公平・公正に行動するために政治家が持たなければならない行動規範。中でも,それに反したとしても実定法に触れない場合について政治倫理という言葉がしばしば使われる。最近の日本政治で政治倫理問題との関係で言及された政治家は,ロッキード事件にかかわった田中角栄元首相である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいじ‐りんり〔セイヂ‐〕【政治倫理】

政治家が持っていなくてはならない規範。政治にたずさわる者として、汚職や詐欺(さぎ)などを許さないとする道徳心

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治倫理の関連キーワードエブリマン間接民主制代表質問厳正公正国民的奏賀総名代国民表政党代表者の変更

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政治倫理の関連情報