故轍(読み)コテツ

デジタル大辞泉「故轍」の解説

こ‐てつ【故×轍】

先に通った車のわだち
前人の行った跡。昔ながらのやり方。前例。「故轍を踏む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「故轍」の解説

【故轍】こてつ

ゆきなれた道。生きかた。陶潜貧士を詠ず、七首、一〕 力を量りて轍を守らば 豈に(こご)えとゑとあらざらんや (ちいん)(も)し存せずんば 已(や)んぬる矣(かな)、何の悲しむ

字通「故」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android