コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育課程審議会 きょういくかていしんぎかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育課程審議会
きょういくかていしんぎかい

「文部科学省設置法」により教育課程に関する事項を調査審議することを目的として設けられている文部科学大臣諮問機関。委員会の組織等は「教育課程審議会令」によって定められており,60人以内の委員のほか,臨時委員,専門調査員を置くことができ,文部科学大臣の諮問に応じて教育課程に関する事項を調査,研究,審議し,必要と認める事項を文部科学大臣に建議するものとされている。この審議会の答申に基づいて,小,中,高等学校の教育課程の基準を示す学習指導要領が作成される。 1949年7月創設以来,「学習指導要領」一般編の改訂 (1950) ,「道徳教育の振興」 (1951) ,「道徳教育の時間の特設」 (1958) など教育課程の改革に画期をもたらす重要な提案を行なった。 2001年教育職員養成審議会などとともに,中央教育審議会初等中等教育分科会に再編された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

教育課程審議会の関連キーワード総合的な学習の時間日高 第四郎勤労体験学習重田 定正上条 信山松原 郁二ゆとり教育広中和歌子社会科教育統合教育生活教育前川峯雄石三次郎総合学習文部省中教審通信簿生活科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育課程審議会の関連情報