散杖(読み)さんじょう

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐じょう ‥ヂャウ【散杖】

〘名〙 仏具の一つ。密教の修法のとき、香水を散ずるのに用いるつえ状のもの。梅、柳などの枝で約三五~五五センチメートルぐらいの長さに作るが、一定していない。また、一流では杖頭に八重蓮華を刻む。
※西宮記(969頃)一「真言僧綱進跪立、加持香水〈灌水机立額南間、上置散杖香水〉」
※宇治拾遺(1221頃)一三「聖、眠(ねむり)ながら散杖をとりて、香水にさしひたして、四方にそそく」 〔十八道口決‐本〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の散杖の言及

【洒水】より

…洒水用の浄水は,洒水器と称する金属製の小鉢に入れて置く。洒水をするときは,これを机上に置くか左手に保持するかして,右手に持つ散杖(さんじよう)の先で水をかき回しながら真言を唱えて浄水に霊力を与えた後,一定の所作で散杖を振って浄水を散らす。洒水は,導師等が着座のまま行う場合と,洒水師,呪師(しゆし)等が道場内を巡回しながら行う場合とあり,また職衆(しきしゆう)が道場に入る際に身を清める簡単な洒水もある。…

※「散杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる