黜陟(読み)チッチョク

デジタル大辞泉の解説

ちっ‐ちょく【××陟】

[名](スル)ちゅっちょく(黜陟)」に同じ。
「人殺しどころか人を―したと云うこともなかった」〈福沢福翁自伝

ちゅっ‐ちょく【××陟】

[名](スル)功の有無により、官位を上げ下げすること。ちっちょく。
「恣に大臣を―するの非を譲(せ)め」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちっちょく【黜陟】

( 名 ) スル
ちゅっちょく(黜陟)」に同じ。 「官吏ヲ-スル/ヘボン 三版

ちゅっちょく【黜陟】

( 名 ) スル
〔「黜」は退ける意、「陟」はすすめる意〕
官位を下げることと上げること。ちっちょく。 「諸宰相を-して可なるの全権を許すの建議書を出せり/新聞雑誌 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちっ‐ちょく【黜陟】

〘名〙 =ちゅっちょく(黜陟)〔布令字弁(1868‐72)〕

ちゅっ‐ちょく【黜陟】

〘名〙 功の有無によって官位をあげさげすること。ちっちょく。
※続日本紀‐和銅六年(713)四月丁巳「制、銓衡人物、黜陟優劣
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「国帝は〈略〉執政官を黜陟するの権あり」 〔書経‐舜典〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android