コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

整版 セイハン

デジタル大辞泉の解説

せい‐はん【整版】

[名](スル)
1枚の板や瓦に彫って作った印刷版。
製版」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

整版【せいはん】

江戸時代以前の書物は,1枚の木板に文字を浮彫にして墨を塗り紙を置いて印刷されることが多かった。この木板を整版といい,このようにして印刷された書物を整版本と呼ぶ。
→関連項目版本

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいはん【整版】

( 名 ) スル
板木(版木)に印刷面を彫刻して印刷する方法。また、その印刷物。
製版 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の整版の言及

【印刷】より


【歴史】

[源流]
 ふつう印刷術は中国に始まったと考えられており,その場合の印刷術は木版に文字を彫りそれに墨を塗り,上から紙をあて〈バレン〉のようなもので文字を刷りとる方法が行われたのである。現在広く行われている活字印刷に対し,これを〈整版〉と呼んでいる。こうした印刷は唐代(618‐907)に始まったと思われるが,しかしそれ以前から印刷類似の方法が中国やオリエントで行われていた。…

【板木】より

…〈版木〉とも書き,彫板(えりいた),形木(かたぎ)ともいう。木版印刷用の版には板木を用いるものと,木活字を用いるものとがあるが,前者を整版,後者を活版(活字版)と称する。板材としては中国では,ナシ,ナツメのほか,アズサ(梓)を使い(出版を上梓(じようし)というのはこれに由来する),日本ではサクラが最も多く,細密画の場合にはツゲを用いた。…

※「整版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

整版の関連キーワードきのふはけふのものがたりギルティギア イグゼクス植え字版・植字版太政官日誌版本・板本伊曽保物語聚楽物語中西忠蔵古活字版児玉花外竹取物語鳥養道晣古典籍醒睡笑拾芥抄仙伝抄一字版印刷版琉球本覆刻本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android