コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化放送 ブンカホウソウ

2件 の用語解説(文化放送の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんか‐ほうそう〔ブンクワハウソウ〕【文化放送】

東京都港区にある関東地方を放送範囲とするAMラジオ局。昭和26年(1951)にカトリック教会が設立し同31年に株式会社化。フジメディアホールディングスの株主で同グループと関係が深く、グループ内同業のニッポン放送NRNキー局を務める。周波数は1134キロヘルツコールサインJOQRから、QRとも。
大韓民国テレビラジオ兼営放送局。1961年にラジオ放送を、1966年にテレビ放送を開始。民間放送だが、政府系機関が株式を保有するため半官半民の経営となっている。ムンファ‐バンソン。MBC(Munhwa Broadcasting Corporation)。→韓国放送公社SBS

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文化放送
ぶんかほうそう

関東地方一円をサービスエリアとする民間ラジオ放送局。略称はNCBだが、呼出符号JOQRのQRがラジオ業界での一般呼称となっている。1952年(昭和27)3月聖パウロ修道会などが主体となって財団法人日本文化放送協会として開局、その後経営的な行き詰まりなどがあって1956年2月、株式会社文化放送に改組、再発足した。1965年5月以来、ニッポン放送とともにNRNナショナル・ラジオ・ネットワーク)のキー局として、民放ラジオ界のリーダー役を果たしている。民放ラジオ独特の時代感覚先取りした番組、営業活動に定評があり、スポンサー販売促進活動と連動したSP(セールスプロモーション)番組に好評なものが多い。1968年1月開始した「サントリー出前寄席(よせ)」は、その記念碑的番組。長寿番組に「朝の小鳥」などがある。報道で早朝のビジネスマン向け情報番組、スポーツ面で埼玉西武ライオンズのナイター放送を実施するなど、新しい聴取者層、媒体機能の開発を試みるとともに、スペシャル番組、ドラマなどにも力を入れている。関連事業にも積極的で、音楽出版、ネットショッピング、ビデオ、教育事業など数多く手がけている。資本金1億9200万円(2008)。[伊豫田康弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文化放送の関連キーワードTBSラジオ東京都港区愛宕東京都港区北青山東京都港区港南東京都港区芝東京都港区芝浦東京都港区白金東京都港区新橋東京都港区虎ノ門東京都港区南麻布

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化放送の関連情報