文字鎖(読み)モジグサリ

デジタル大辞泉の解説

もじ‐ぐさり【文字鎖】

和歌などの修辞法の一。句の終わりの文字を次の句の頭に置いて、鎖のように続けていくもの。仮名鎖。また、定められた語句を1音ずつ各句の頭において詠むもの。
女子の遊戯の一。一人が古歌を詠むと、次のはその末尾最初にある別の古歌を詠み、これを順次続けていくもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もじぐさり【文字鎖】

歌謡体の文章における遊戯の名。一つの句の終わりの文字を次の句の最初に置いて続けていくもの。
女子の遊戯の名。一人が古歌をよむと、次の者は、その歌の最後の音を次の歌の頭に置いて他の古歌をよみ、次々に言い連ねて行くもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もじ‐ぐさり【文字鎖】

〘名〙
和歌などの修辞法の一つ。の終わりの文字と同じ文字を次の句の頭に置いて、鎖のように連ねるもの。また、定められた語句を一音ずつ各句の頭に置いてよむもの。
※古今著聞集(1254)五「弘徽殿女御歌合に、花かうじ・しらまゆみといへる文字ぐさりを、歌の句のかみにすゑて折句の歌によませられける」
② 女子などの遊びの一つ。一人が古歌をよむと、次のものが、その歌の末尾の音を頭に置いた古歌をよみ、これを順次続けてゆくもの。
※吾妻問答(1467頃)「古今より初めて、用に立つべき歌をいか程も覚えて、幼きどち、文字ぐさりと云ふ事をもして」
※音曲声出口伝(1419)「句うつりの文字ぐさりのすべやうにききよくて、なびなびと有やうに、ふしをば付るなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android