コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学的自伝 ぶんがくてきじでん Biographia Literaria

2件 の用語解説(文学的自伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学的自伝
ぶんがくてきじでん
Biographia Literaria

イギリスの詩人,批評家 S.T.コールリッジの自伝的詩論。 1817年刊。すぐれた文学の創作と批評はともに理性に基づく総合的統一の原理としての想像力の行為であることが,哲学的考察と審美的直観とのみごとな結合によって説かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんがくてきじでん【文学的自伝】

Biographia Literaria: or Biographical Sketches of My Literary Life and Opinionsコールリッジによる評論。1817年刊。自伝的な回想録に始まり、「想像力」という価値観の称揚をもって、ロマン主義の主張を理論的に裏付ける試み。文学的自叙伝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文学的自伝の関連キーワードアーノルドコールリッジサウジーシモンズメースフィールド批評家イギリス巻弓と竪琴コールリジセンツベリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone