コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学的自伝 ぶんがくてきじでんBiographia Literaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学的自伝
ぶんがくてきじでん
Biographia Literaria

イギリスの詩人,批評家 S.T.コールリッジの自伝的詩論。 1817年刊。すぐれた文学の創作と批評はともに理性に基づく総合的統一の原理としての想像力の行為であることが,哲学的考察と審美的直観とのみごとな結合によって説かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんがくてきじでん【文学的自伝】

《原題Biographia Literaria: or Biographical Sketches of My Literary Life and Opinionsコールリッジによる評論。1817年刊。自伝的な回想録に始まり、「想像力」という価値観の称揚をもって、ロマン主義の主張を理論的に裏付ける試み。文学的自叙伝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

文学的自伝の関連キーワードアルフレッド ケージンSTコールリッジイギリス文学詩学(文学)ケージンナドー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android