コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎く/傅く イツク

デジタル大辞泉の解説

いつ・く【斎く/×傅く】

[動カ四]
(斎く)心身を清めて神に仕える。
「因りて、其の女の家の内に、忌籬(いがき)を立てて―・く」〈霊異記・下〉
(傅く)敬って大切に世話をする。
「后、そく山を出で給ひしより、この若君をあづかりて、我もここにゐて―・く」〈浜松・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

斎く/傅くの関連キーワード多治比土作藤原清河若君

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android