コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤精輔 さいとう せいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤精輔 さいとう-せいすけ

1868-1937 明治-大正時代の辞典編集者。
慶応4年7月11日生まれ。三省堂亀井忠一(ただかず)の娘婿となる。明治24年三省堂編修所を設立。31年「日本百科大辞典」の編集をはじめるが,大正元年第6巻刊行後,資金難のため三省堂が倒産。学界,財界の援助をうけて,8年全10巻を完成させた。昭和12年5月13日死去。70歳。周防(すおう)(山口県)出身。帝国大学中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤精輔の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android