コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井忠一 かめい ただかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井忠一 かめい-ただかず

1856-1936 明治-昭和時代前期の出版人。
安政3年6月30日生まれ。明治14年東京神田に古本屋三省堂を創業出版業にも進出して,17年「英和袖珍字彙(しゅうちんじい)」を発行。41年「日本百科大辞典」の刊行を開始したが,資金難のため倒産。大正4年株式会社として再建した。昭和11年1月30日死去。81歳。江戸出身。旧姓中川

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の亀井忠一の言及

【三省堂[株]】より

…1881年に亀井忠一(1856‐1936)が東京,神田神保町で創業した出版社。当初,古書店として出発したが,83年に桃林堂,開新堂,十字屋とともに同盟四書房(合版(あいはん))を組織し,《ウヰルソン氏第一リードル 独(ひとり)案内》を処女出版し,ついで84年《英和袖珍字彙(しゆうちんじい)》を刊行,書籍出版に進出した。…

※「亀井忠一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀井忠一の関連キーワード三省堂[株]三省堂(株)斎藤 精輔斎藤精輔

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android