コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤輝子 さいとう てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤輝子 さいとう-てるこ

1895-1984 昭和時代後期の旅行家。
明治28年12月11日生まれ。斎藤紀一の次女。斎藤茂太,北杜夫(もりお)の母。大正3年斎藤茂吉と結婚。昭和28年茂吉の死を契機に旺盛なバイタリティーと行動力で世界各地を旅行し,79歳で南極にでかけ「快妻オバサマ」とよばれた。昭和59年12月16日死去。89歳。東京出身。学習院女学部卒。本名はてる子。
【格言など】どうしてガンになったか解剖して,後世に役立ててほしい(最期の言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤輝子の関連キーワード斎藤茂吉斎藤紀一北杜夫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android