コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎日 さいにち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎日
さいにち

仏教で在家の人が身体,言葉,心 (身,口,意) の三業を清らかにして,慎むべき日。毎月の8,14,15,23,29,30の6日を六斎日と称し,その日には自己の行為を反省し,善事を行うべきであるとする。六斎日のほかに四日 (1,8,15,23日) ,十斎日 (六斎日に1,18,24,28日を加えたもの) があり,1,5,9月の各月の前半にわたって斎戒を保つことを三長斎と称し,それらの日を三長斎日と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいじつ【斎日】

さいにち【斎日】

在家ざいけの仏教徒が八戒を保って精進する日。毎月の8・14・15・23・29・30日を六斎日という。さいじつ。
賽日さいにち」に同じ。

ときび【斎日】

僧侶に斎ときを振る舞う日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎日
さいにち

六斎日(ろくさいにち)の略で、毎月(陰暦の)8日、14日、15日、23日、29日、30日の6日に限り、在家(ざいか)の仏教徒が八戒(はっかい)を守り、善事に勤める日。南アジアの仏教国では、ウポーサタとよび、今日でも熱心な仏教徒は、日ごろの五戒にかえて八戒を守っており、とくに正午過ぎには食事をとらないなど、出家者と同じ生活をする日としている。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斎日の言及

【断食】より

…またアッシジのフランチェスコがアルベルナ山に入ってから断食と祈りの生活に没頭し,自分の手足とわき腹にキリストの聖痕を得たことはよく知られている。カトリックでは斎日Fastというのがあって,大斎とか小斎という。これはイエス・キリストの断食修行の苦難を追体験するためのものであって,聖金曜日とか降誕祭の前日などに行われる。…

※「斎日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

斎日の関連キーワード催・債・再・哉・塞・妻・宰・彩・才・採・斎・最・柴・栽・歳・殺・済・濟・災・犀・猜・砕・砦・碎・祭・細・菜・裁・西・賽・載・采・際・齋四季大斎日・四季大斎週間天麩羅/天婦羅優婆夷・優婆塞ダンスタン高階 瓏仙往生講式フーバーにごりえ西島蘭渓杉田玄白千 宗守市川彬斎閻魔参り深田九皐閻魔詣で六斎念仏八斎戒九斎日金弘集

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android