コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断叙法 ダンジョホウ

デジタル大辞泉の解説

だんじょ‐ほう〔‐ハフ〕【断叙法】

修辞上で、接続の関係を示す語を省くなどして、文章の力を強めたり、余韻をもたせたりする法。例えば「一筆啓上、火の用心おせん泣かすな、馬肥やせ」の類。⇔接叙法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんじょほう【断叙法】

修辞法の一。接続の語を省略し、句と句との関係を断って文章に力を付与し、想像の余地を多くする技法。「目には青葉/山ほととぎす/初がつお」の類。 ↔ 接叙法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報