一筆啓上(読み)イッピツケイジョウ

  • いっぴつけいじょう ‥ケイジャウ
  • いっぴつけいじょう〔ケイジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

「簡単に申しあげます」ので、男子の手紙の書き出しに使う語。「一筆啓上仕(つかまつ)り候」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 男子が普通の書状の初めに書いた慣用語。多く「一筆啓上仕候」「一筆令啓上候」などと書く。
※謡曲・鞍馬天狗(1480頃)「一筆啓上せしめ候ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

「簡単に申し上げます」の意で、男子が普通の書状の初めに書いた慣用語

[使用例] 一筆啓上 毎度ながら長座さぞかし御迷惑の事と存じそうろう[正岡子規宛夏目漱石書簡―明治三〇年八月一日|1897]

[使用例] 頬白は、一筆啓上ツカマツリ候と鳴くんだ。おい、閑間君の姪御殿、郷里へ無事に帰ったら、一筆啓上と手紙をよこせ[井伏鱒二*黒い雨|1965~66]

[解説] 「啓上」は「言うこと」の意の謙譲語で、申し上げるの意。多く「一筆啓上仕候」「一筆令啓上候」などと書きます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android