コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断家譜 だんかふ

1件 の用語解説(断家譜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だんかふ【断家譜】

江戸時代の武家の絶家約880家の系譜。写30巻。田畑喜右衛門吉正編。1809年(文化6)の自序によれば,江戸幕府の創業以後文化年間に至る200年間に中絶した家の系譜を,本支紀伝,旧記,寺院所蔵の檀越の紀伝に基づいて編纂し,近江堅田城主堀田正敦の斡旋で林家を介して官庫に進献したもので,遺漏については後日の補正を期している。内閣文庫所蔵。活字本は続群書類従刊行会の刊本3冊がある。【岩沢 愿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断家譜の関連キーワード家譜青標紙家筋家の子郎等家務五家の法絶家武家方武家時代長上下

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone