コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断家譜 だんかふ

世界大百科事典 第2版の解説

だんかふ【断家譜】

江戸時代の武家の絶家約880家の系譜。写30巻。田畑喜右衛門吉正編。1809年(文化6)の自序によれば,江戸幕府の創業以後文化年間に至る200年間に中絶した家の系譜を,本支紀伝,旧記,寺院所蔵の檀越の紀伝に基づいて編纂し,近江堅田城主堀田正敦の斡旋で林家を介して官庫に進献したもので,遺漏については後日の補正を期している。内閣文庫所蔵。活字本は続群書類従刊行会の刊本3冊がある。【岩沢 愿彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

断家譜の関連キーワードルイ3世アルヌルフ[ケルンテンの]リブモン条約外車船ジョン コンラッズ金本知憲川端商店街の火災太田房江知事の政治とカネ問題ゴルフ場と練習場の来客数裁判所の速記官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android