コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯くて カクテ

デジタル大辞泉の解説

かく‐て【×斯くて】

[接]前に述べた事柄を受けて、あとの事柄が起こり、あるいは、あとの事柄に移っていくことを表す。こうして。このようにして。かくして。「斯くて一年が過ぎた」
[副]このような状態で。
「水底に生ふる玉藻の生ひ出でずよしこのころは―通はむ」〈・二七七八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくて【斯くて】

( 接続 )
前に述べたことを受けて、新たに説き起こす。このようにして。かくして。 「 -ローマは滅びた」
( 副 )
このようにして。こんな状態で。 「我が思ひ-あらずは/万葉集 734

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斯くての関連キーワードローマ万葉集事柄残星

斯くての関連情報