コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新アトランティス しんアトランティスNova Atlantis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新アトランティス
しんアトランティス
Nova Atlantis

フランシス・ベーコンの著書。 1627年刊。新しい哲学の原理が政治的機構と国家の指導のもとに遂行される理想国家を記述したロマンで,のちに理想的共和国家の法律が追加される予定だったが,実行されなかった。トマス・モアが 1516年にギリシア語の ou+topos (not+place)から Utopiaなる語を作る前に,プラトンの『国家編』以来,このような考えは存在し続けてきたのであり,アトランティス大陸の伝説と 15世紀以来の東洋航路開発の機運とともに,実際的なものとしてデザインされるようになった。たとえば A.フランチェスコの"Doni Mondi" (1552) ,F.パトリッツィの"La Città Felice" (53) ,T.カンパネラの『太陽の都』 Città del Sole (1602) で,ベーコンも,そのような機運に刺激されたとみることができる。さらにこの機運が,「新大陸」でユートピアを築こうとするピューリタン (→清教主義 ) の具体的行動も生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新アトランティスの関連キーワード内藤ジュリアヌイツ松下重綱ノイツモーリッツラロシェル攻囲戦10進法紫衣事件伊藤仁斎オーロックス

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android