コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新元史 シンゲンシ

3件 の用語解説(新元史の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんげんし【新元史】

元史」を補正した書。台湾の柯劭忞(かしょうびん)撰。1919年成立。本紀26、列伝154、表7、志70の全257巻。これが正史に加えられて、二十四史二十五史となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんげんし【新元史 Xīn yuán shǐ】

中国の正史の一つ。民国の柯劭忞(かしようびん)撰。257巻。在来の二十四史にこれを加えて二十五史と称される。明初短期間で撰せられた《元史》の不備をただそうと,清初以来数多くの元史改修の試みがあらわれたが,それらを集大成したものとみられる。本紀26巻,表7巻,志70巻,列伝154巻より成る。《元典章》《元朝秘史》,ラシード・アッディーンの《集史》ドーソンの《蒙古史》などの新史料によって増補したが,その根拠が示されていないことや史料の取捨の適否について疑問もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんげんし【新元史】

「元史」の不備を補い、改修した史書。二五七巻。民国の柯劭忞かしようびんの撰。本紀二六巻、表七巻、志七〇巻、列伝一五四巻。1919年、中華民国政府により正史の一つに加えられた。 → 二十五史

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新元史の関連キーワード紀伝体元史食貨志清史稿正史陳書南斉書貨殖列伝芸文志地理志