新内流し(読み)しんないながし

デジタル大辞泉の解説

二人一組で、2挺(ちょう)の三味線を弾き合わせながら街頭を歩き、客の求めに応じて新内節を語って聞かせるもの。また、その芸人。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新内節の演奏形態の一つ。新内は浄瑠璃の中でも早くから歌舞伎離れ,遊廓(ゆうかく)の音楽となったが,化政期ころに太夫と三味線ひきの2人が1組となって街頭をゆっくり歩きながら演奏する方法が行われ始めた。三味線は〈流しの三味線〉と呼ばれる特殊な旋律を奏し,請われた時は座敷または戸外でも演奏した。現在ではほとんど行われない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新内流しの言及

【新内節】より

…浄瑠璃の流派名。安永(1772‐81)の末ごろに生まれた江戸浄瑠璃。豊後節(ぶんごぶし)の一派で,鶴賀若歳(つるがわかとし)改め2世鶴賀新内の残した名称。それ以前の同系統の富士松,鶴賀,豊島らの節も含み,また後年富士松魯中(ろちゆう)の称した富士松浄瑠璃も,現在では新内節に含めている。
[歴史]
 享保(1716‐36)の末ごろ,上方から江戸に下った宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじよう)にしたがった宮古路加賀太夫は,1745年(延享2)に師家を去って独立,富士松薩摩(翌年富士松薩摩掾を受領)と名のり52年(宝暦2)まで劇場に出演し,57年に没した。…

※「新内流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android