新妻 イト(読み)ニイヅマ イト

20世紀日本人名事典の解説

新妻 イト
ニイヅマ イト

大正・昭和期の社会運動家 衆院議員;社会党婦人局長。



生年
明治23(1890)年8月5日

没年
昭和38(1963)年7月15日

出生地
神奈川県横浜市弁天通

旧姓(旧名)
鈴木 イト

別名
別名=新妻 伊都子

学歴〔年〕
紅蘭女学校〔明治43年〕卒

経歴
横浜の富裕な商店に生まれ、店の番頭と結婚したがほどなく離婚。大正5年渡米しサンフランシスコ・ビジネス・カレッジのタイプ科、英文速記科を卒業し、8年に帰国。12年相互職業婦人会を創設し、タイピスト女塾を経営。以後、職業婦人運動家として活躍し、昭和2年関東婦人同盟委員長。10年「家庭新聞」を創刊。戦後は21年社会党公認で衆院議員に当選。47年労働省婦人少年局の初代婦人課長に就任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

新妻 イト
ニイズマ イト


肩書
衆院議員,社会党婦人局長

旧名・旧姓
旧姓=鈴木

別名
別名=新妻 伊都子

生年月日
明治23年8月5日

出生地
神奈川県横浜市弁天通

学歴
紅蘭女学校〔明治43年〕卒

経歴
横浜の富裕な商店に生まれ、店の番頭と結婚したがほどなく離婚。大正5年渡米しサンフランシスコ・ビジネス・カレッジのタイプ科、英文速記科を卒業し、8年に帰国。12年相互職業婦人会を創設し、タイピスト女塾を経営。以後、職業婦人運動家として活躍し、昭和2年関東婦人同盟委員長。10年「家庭新聞」を創刊。戦後は21年社会党公認で衆院議員に当選。47年労働省婦人少年局の初代婦人課長に就任。

没年月日
昭和38年7月15日

家族
夫=新妻 莞(評論家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

新妻 イト (にいづま いと)

生年月日:1890年8月5日
大正時代;昭和時代の社会運動家。関東婦人同盟委員長
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android