コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新居守村 あらい もりむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新居守村 あらい-もりむら

1808-1893 江戸後期-明治時代の国学者。
文化5年8月15日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)小幡(おばた)藩の御用商人の子。東条義門にまなび,語学,音韻学を研究。和歌もよくした。のち貫前(ぬきさき)神社,笹森稲荷(ささもりいなり)社の神職をつとめた。明治26年4月19日死去。86歳。通称は又左衛門,又三郎。著作に「韻鏡発輝論批評」「守村翁語学消息」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新居守村の関連キーワード田島尋枝国学者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android