コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡 おばた

5件 の用語解説(小幡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小幡
おばた

群馬県南西部,甘楽町の中心集落。旧町名。 1959年近隣町村と合体して甘楽町となる。鏑川の支流雄川が小幡丘陵のふもとに形成した扇状地上に発達した街村。近世,小幡藩2万石の城下町でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おばた【小幡】

姓氏の一。

こばた【小幡】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小幡
おばた

群馬県甘楽(かんら)郡甘楽町の中心地区。旧小幡町。江戸時代の小幡藩主織田氏、松平氏2万石の陣屋町で、城町、城南、御殿などの地名が残っている。大名庭園「楽山園」(国指定名勝)や陣屋内に武家屋敷などがある。また「日本名水百選」の雄川堰(おがわぜき)もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小幡の言及

【甘楽[町]】より

…群馬県南西部,甘楽郡の町。1959年小幡町を中心に成立。人口1万4481(1995)。…

※「小幡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小幡の関連キーワード群馬県甘楽郡甘楽町天引群馬県甘楽郡甘楽町小川群馬県甘楽郡甘楽町小幡群馬県甘楽郡甘楽町金井群馬県甘楽郡群馬県甘楽郡甘楽町国峰群馬県甘楽郡甘楽町白倉群馬県甘楽郡甘楽町轟群馬県甘楽郡甘楽町庭谷群馬県甘楽郡甘楽町福島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小幡の関連情報