コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新川源治 にいかわ げんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新川源治 にいかわ-げんじ

1812-1883 江戸後期-明治時代の木工芸家。
文化9年生まれ。越中(富山県)の人。稲垣碧峯(へきほう)のすすめで京都にいき,唐木(からき)細工をまなぶ。貫名海屋(ぬきな-かいおく),山本梅逸(ばいいつ)らの下絵によって彫刻し,また置時計台の唐木細工に新工夫を考案した。明治16年11月28日死去。72歳。本姓は平野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新川源治の関連キーワードコッホ(Robert Koch)第2次英米戦争電話アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)アメリカ=イギリス戦争

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone