コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新撰狂歌集 しんせんきょうかしゅう

2件 の用語解説(新撰狂歌集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんせんきょうかしゅう【新撰狂歌集】

1633年(寛永10)ころ刊。編者・版元不明。上下2冊。古今の狂歌191首(ほかに俳諧18首,古歌1首)を四季,恋,羇旅,述懐,釈教,哀傷,神祇,雑に分類編集したもの。所収作品の作者は古くは鎌倉時代の定家や暁月坊から近くは細川幽斎里村紹巴,雄長老(ゆうちようろう)にまで及ぶが,作者不明のものも多く,前大上戸朝臣,宇治の茶大臣母,無銭法師のごとき狂名もすでに用いられている。落首も多く収められ,全体に線の太い笑いに満ちている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新撰狂歌集
しんせんきょうかしゅう

江戸初期の狂歌集。上下2冊。編者不明。1633年(寛永10)ごろ刊か。古今の狂歌186首(ほかに俳諧(はいかい)23句、古歌2首)を四季、恋、雑などに分類編集したもの。所収狂歌の作者は古くは定家(ていか)、俊成(しゅんぜい)、暁月坊(ぎょうげつぼう)から近くは幽斎(ゆうさい)、紹巴(じょうは)、雄長老(ゆうちょうろう)などに及ぶが、作者不明歌も多く、前大上戸朝臣(あそん)、宇治の茶大臣、無銭法師のごとき狂名も用いられている。落首も多く収められ線の太い笑いに満ち、狂歌史上最初の公刊書としての意義も大きい。巻末に雄長老作『詠百首狂歌』を付録している。[森川 昭]
『『近世文学資料類従 狂歌編5』(1978・勉誠社) ▽『狂歌大観1』(1983・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新撰狂歌集の関連キーワード梅津政景ケアリー地方直し俳句(文学)中浦ジュリアン有期雇用者伊藤信徳宇都宮遯庵梅津政景日記惲寿平

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone