コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新海非風 にいのみ ひふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新海非風 にいのみ-ひふう

1870-1901 明治時代の俳人。
明治3年10月6日生まれ。東京で正岡子規と知りあい,俳句をつくりはじめる。のち肺病のため陸軍士官学校退学,各種の職業を転々とした。高浜虚子(きょし)「俳諧(はいかい)師」の五十嵐(いがらし)十風のモデルといわれる。明治34年10月28日死去。32歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。本名は正行別号に非凡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新海非風の関連キーワード佐藤 肋骨明治時代俳諧師俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android