コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田潤 にった じゅん

2件 の用語解説(新田潤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田潤 にった-じゅん

1904-1978 昭和時代の小説家。
明治37年9月18日生まれ。昭和8年高見順らと「日暦(にちれき)」を創刊。11年「人民文庫」の創刊にくわわり,庶民生活をえがいた作品を発表。戦後は風俗的な作品がおおい。昭和53年5月14日死去。73歳。長野県出身。東京帝大卒。本名は半田祐一。作品に「煙管(きせる)」「片意地な街」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田潤
にったじゅん
(1904―1978)

小説家。長野県上田市生まれ。本名半田祐一(ゆういち)。旧制浦和高校を経て東京帝国大学英文科に進む。この間『文芸交錯』などの雑誌に参加。1933年(昭和8)高見順らと『日暦(にちれき)』創刊。36年3月には『人民文庫』創刊に参加した。市井の庶民の哀歓を描いた小説が多い。小説集に『片意地な街』(1936)、回想的小説集『わが青春の仲間たち』(1968)などがある。[遠矢龍之介]
『『現代日本文学大系91』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田潤の関連キーワード正岡容桜田常久橘外男長谷健衣巻省三寺崎浩徳田一穂野沢純長谷川幸延横山美智子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone