コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田潤 にった じゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田潤 にった-じゅん

1904-1978 昭和時代の小説家。
明治37年9月18日生まれ。昭和8年高見順らと「日暦(にちれき)」を創刊。11年「人民文庫」の創刊にくわわり,庶民生活をえがいた作品を発表。戦後は風俗的な作品がおおい。昭和53年5月14日死去。73歳。長野県出身。東京帝大卒。本名は半田祐一。作品に「煙管(きせる)」「片意地な街」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田潤
にったじゅん
(1904―1978)

小説家。長野県上田市生まれ。本名半田祐一(ゆういち)。旧制浦和高校を経て東京帝国大学英文科に進む。この間『文芸交錯』などの雑誌に参加。1933年(昭和8)高見順らと『日暦(にちれき)』創刊。36年3月には『人民文庫』創刊に参加した。市井の庶民の哀歓を描いた小説が多い。小説集に『片意地な街』(1936)、回想的小説集『わが青春の仲間たち』(1968)などがある。[遠矢龍之介]
『『現代日本文学大系91』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新田潤の関連キーワード昭和時代