コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新神学 しんしんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新神学
しんしんがく

ドイツからの宣教師シュピンナー (1885来日) ,アメリカからの宣教師ナップ (89来日) らの活動によって起った明治中期における日本のプロテスタント教会内部の自由主義神学思想。この思想は近代哲学や科学思想の助けをかりて,キリスト教や神学に対して自由な解釈をし,人間中心的・合理主義的立場を唱えて知識人のためのキリスト教を主張した。多くの人々の共鳴を呼び,教会内部に大きな影響を与えた時期もあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんしんがく【新神学】

明治20年代,ドイツより日本にもたらされた自由主義神学に対する呼称。1885年普及福音同盟より派遣された宣教師シュピンナーWilfrid Spinner(1854‐1918)が来日,新教神学校を開設し,雑誌《真理》を発行してチュービンゲン学派の歴史的・批判的方法による聖書の合理主義的理解にもとづく自由主義的キリスト教を宣教した。聖書を無謬の神の啓示の書とせず,宗教的記録として倫理的な意義を求めたその教説は,それまで超自然的な福音理解を正統とするイギリスやアメリカの宣教師の影響のもとにあった日本のプロテスタント教会の教職・信徒に大きな衝撃を与え,教会を去り信仰を喪失する者が相次いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新神学の関連キーワードシメオン[ストゥディオス]シュミーデルコンガール松村介石インブリ横井時雄金森通倫植村正久

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android