コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金森通倫 かなもりつうりん

5件 の用語解説(金森通倫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金森通倫
かなもりつうりん

[生]安政4(1857).1.7. 肥後
[没]1945.3.2. 郡山
牧師。熊本藩士の家に生れる。熊本洋学校在学中にキリスト教に入信。 1879年同志社英学校卒業後岡山に伝道。 90年東京番町教会の牧師。同年『日本現今之基督教並ニ将来之基督教』で新神学を主張してキリスト教界より退いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金森通倫 かなもり-みちとも

かなもり-つうりん

金森通倫 かなもり-つうりん

1857-1945 明治-昭和時代前期の牧師。
安政4年8月15日生まれ。熊本洋学校にまなび,熊本バンド結成にくわわる。東京番町教会牧師となり,明治24年「日本現今之基督教(キリストきょう)並ニ将来之基督教」を出版,新神学をとなえる。一時教会をさり政界,実業界に転じたが,ふたたび伝道の生活にもどった。昭和20年3月4日死去。89歳。肥後(熊本県)出身。同志社英学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かなもりつうりん【金森通倫】

1857‐1945(安政4‐昭和20)
キリスト教伝道者。熊本バンドの一人で,1879年同志社卒業後,岡山教会牧師,同志社大学設立運動,番町教会牧師に従事。90年前後より自由主義神学の影響をうけて聖書を人間の宗教意識の記録,キリストを非凡な宗教人とし,伝統的な教理を捨て,教会を去った。その後政界,実業界で活躍し,貯金奨励運動などを推進したが,1913年夫人の死を契機に信仰を復興し,熱烈な伝道者となった。【土肥 昭夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金森通倫
かなもりつうりん
(1857―1945)

プロテスタント神学者。組合教会牧師。熊本洋学校でジェーンズ指導下の熊本バンドの一員となり、ついで同志社に神学を学ぶ。『日本現今の基督(キリスト)教並(ならび)に将来の基督教』(1891)によって自由主義的な新神学的立場を明らかにし、キリスト教と文化一般また他宗教との融和を強調した。一時、教会を去って実業界、政界に投じたが、やがて復帰して巡回伝道者となり、信仰上の立場も救世軍、ホーリネス教会などを遍歴した。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金森通倫の関連キーワード熊本バンド小崎弘道キリスト教会熊本洋学校耶蘇キリスト教徒伝道師キリ概沢崎堅造松村里子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone