新興・再興感染症(読み)しんこうさいこうかんせんしょう/しんこうかんせんしょう/さいこうかんせんしょう(英語表記)emerging and re‐emerging infections

知恵蔵の解説

新興・再興感染症

今まで見られなかった感染症(新興感染症)、あるいはいったん廃れたものが再び出現してきた感染症(再興感染症)。旅行者や輸出入の増加、森林伐採による環境破壊など、様々な要因によって新興・再興感染症が起こる。エイズラッサ熱エボラ出血熱新型インフルエンザ腎症候性出血熱、結核、腸管出血性大腸菌感染症レジオネラ感染症、クリプトスポリジウム感染症など、多くの感染症がある。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android