コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興感染症 シンコウカンセンショウ

デジタル大辞泉の解説

しんこう‐かんせんしょう〔‐カンセンシヤウ〕【新興感染症】

1970年以降に新たに認識されるようになった、公衆衛生上問題となる感染症寄生虫感染症のクリプトスポリジウム細菌感染症のO157感染症・新型コレラレジオネラ症ウイルス感染症のエボラ出血熱HIVAIDS)・SARS成人T細胞白血病鳥インフルエンザラッサ熱など。エマージングディジーズエマージング感染症。→再興感染症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんこうかんせんしょう【新興感染症】

新しく病原体が発見され、局地的あるいは国際的に公衆衛生上問題となる感染症。エイズ、腸管出血性大腸菌感染症、香港インフルエンザなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新興感染症
しんこうかんせんしょう

1970年代以降に新たに発見された感染症。WHO(世界保健機関)が1990年に「かつては知られていなかった新たに認識された感染症で、局地的あるいは国際的に公衆衛生上問題となる感染症」と定義した。エイズ(後天性免疫不全症候群)、エボラ出血熱など、およそ30以上の感染症があげられている。そのほかによく知られるものとしては、トリインフルエンザ、重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))、C型肝炎、ピロリ菌による消化性潰瘍(かいよう)、出血性大腸炎(O157)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA:vancomycin-resistant staphylococcus aureus)感染症などがある。ほかにニパウイルス感染症、重症熱性血小板減少症候群、乳児白色便性下痢症、クリプトスポリジウム症、ネコひっかき病、突発性発疹、西ナイル熱、クリミア‐コンゴ出血熱、日本紅斑(こうはん)熱、マールブルグ熱、ラッサ熱、ハンタウイルス肺症候群、腸管出血性大腸菌感染症など。これらのなかには、よく知られる疾患で新たに原因となる病原体が明らかになったものも含まれ、かつてはA型でもB型でもないという意味で非A非B型肝炎ともよばれたC型肝炎(C型肝炎ウイルスによる)、仮性小児コレラともよばれた乳児白色便性下痢症(ロタウイルス胃腸炎)、小児突発性発疹症(ヒトヘルペスウイルス6型による)などがその例である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新興感染症の関連キーワード腸管出血性大腸菌感染症感染症予防医療法新興・再興感染症検疫感染症危険病原体腸管感染症コウモリ新感染症病原体翼手類

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新興感染症の関連情報