コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興感染症 シンコウカンセンショウ

3件 の用語解説(新興感染症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんこう‐かんせんしょう〔‐カンセンシヤウ〕【新興感染症】

1970年以降に新たに認識されるようになった、公衆衛生上問題となる感染症寄生虫感染症のクリプトスポリジウム細菌感染症のO157感染症・新型コレラレジオネラ症ウイルス感染症のエボラ出血熱HIVAIDS)・SARS成人T細胞白血病鳥インフルエンザラッサ熱など。エマージングディジーズ。エマージング感染症。→再興感染症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんこうかんせんしょう【新興感染症】

新しく病原体が発見され、局地的あるいは国際的に公衆衛生上問題となる感染症。エイズ、腸管出血性大腸菌感染症、香港インフルエンザなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新興感染症
しんこうかんせんしょう

1970年代以降に新たに発見された感染症。WHO世界保健機関)が1990年に「かつては知られていなかった新たに認識された感染症で、局地的あるいは国際的に公衆衛生上問題となる感染症」と定義した。エイズ後天性免疫不全症候群)、エボラ出血熱など、およそ30以上の感染症があげられている。そのほかによく知られるものとしては、トリインフルエンザ重症急性呼吸器症候群SARS(サーズ))、C型肝炎、ピロリ菌による消化性潰瘍(かいよう)、出血性大腸炎(O157)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA:vancomycin-resistant staphylococcus aureus)感染症などがある。ほかにニパウイルス感染症、重症熱性血小板減少症候群、乳児白色便性下痢症、クリプトスポリジウム症、ネコひっかき病、突発性発疹、西ナイル熱、クリミア‐コンゴ出血熱、日本紅斑(こうはん)熱、マールブルグ熱、ラッサ熱、ハンタウイルス肺症候群、腸管出血性大腸菌感染症など。これらのなかには、よく知られる疾患で新たに原因となる病原体が明らかになったものも含まれ、かつてはA型でもB型でもないという意味で非A非B型肝炎ともよばれたC型肝炎(C型肝炎ウイルスによる)、仮性小児コレラともよばれた乳児白色便性下痢症(ロタウイルス胃腸炎)、小児突発性発疹症(ヒトヘルペスウイルス6型による)などがその例である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新興感染症の関連キーワード挿入UPnP加助郷神前結婚神道足を踏み入れる日の目を見る日日に新たなりケンスペクル岩活断層をめぐる規制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新興感染症の関連情報