コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興蒙所 にいおき もうしょ

1件 の用語解説(新興蒙所の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新興蒙所 にいおき-もうしょ

1687-1755 江戸時代中期の書家。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。江戸の人。篆書(てんしょ),隷書をよくし,和泉(いずみ)堺(大阪府)でおしえる。のち肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)につかえた。宝暦5年11月25日死去。69歳。本姓は堀。名は光鍾。字(あざな)は中連。通称は文治。別号に積小館。著作に「草書国牘」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新興蒙所の関連キーワード荒木維岳高頤斎島篆癖滕永孚本目親辰松井半平松原素元牟礼述斎山地芙蓉猨山叡麓

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone