コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方志敏 ほうしびん Fāng Zhì mǐn

2件 の用語解説(方志敏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしびん【方志敏 Fāng Zhì mǐn】

1900‐35
中国共産党の初期の指導者。江西省弋陽(よくよう)の人。1924年入党し故郷の江西省東北部地区で農民運動を指導した。28年5月弋陽,横峰両県でソビエトを樹立,33年の最盛期には20余県を支配する贛(かん)東北ソビエト政府主席兼紅軍第10軍団政治委員となった。1934年夏,中共中央は紅軍の一部を北上抗日先遣隊として派遣した。方志敏は第7・第10両軍団をひきいて北上したが,35年1月安徽南部の懐玉山で国府軍の重囲におちて捕らえられ,同年7月南昌で銃殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方志敏
ほうしびん
(1900―1935)

中国共産党の指導者。江西省弋陽(よくよう)県の人。江西省における初期農民運動を指導した。1927年国共分裂後、江西省北東部を中心にソビエト区、紅軍第10軍を創設、ソビエト区建設の範となり、中華ソビエト共和国政府の中央執行委員となった。1934年の長征にあたって、北上抗日先遣隊の党代表として、本隊の西遷を擁護、転戦するうちに国民党軍に捕らえられ、南昌(なんしょう)に回送、銃殺された。[遠藤節昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方志敏の関連キーワード紅軍国民政府コミンフォルム趙紫陽董必武トレーズ李立三延安中国中央テレビ国民党と共産党

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone