方格規矩鏡(読み)ホウカクキクキョウ

大辞林 第三版の解説

ほうかくきくきょう【方格規矩鏡】

漢式鏡の一。鈕ちゆうの周囲に方形の区格があり、外側に T ・ L ・ V 字形の文様があるもの。これを定木とコンパスに見たて、規矩鏡と呼んだ。 T ・ L ・ V の間に細線で四神を表した方格規矩四神鏡が多い。 T ・ L ・ V 式鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の方格規矩鏡の言及

【漢鏡】より

…これらは後漢代を通じて行われた。方格規矩鏡は,いわゆる方格と規矩文によって分割され,四神の霊獣を配することが多く,四神鏡ともいわれている。方格は12の小乳と十二支の銘を配し,青竜,朱雀,白虎,玄武の四神をおいている。…

※「方格規矩鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方格規矩鏡の関連情報