コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既存不適格建築物 きぞんふてきかくけんちくぶつ

2件 の用語解説(既存不適格建築物の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

既存不適格建築物

建築基準法に違反している建築物であっても、建築基準法および施行令等が施行された時点において、すでに存在していた建築物等や、その時点で既に工事中であった建築物等については、違法建築としないという特例を設けています。
このように、事実上違法な建築物であっても、法律的には違法でない建築物のことを「既存不適格建築物」と呼びます。
但し、既存不適格建築物は、それを将来建て替えようとする際には、適法な建築物への建て替えが必要となります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

既存不適格建築物【きそんふてきかくけんちくぶつ】

現に存する建築物もしくは工事中の建築物のうち,その工事の着手時には適法であったものが,建築基準法またはこれに基づく命令・条例の改正により,それらの法規に適合しなくなったものを指す。
→関連項目違反建築物建築基準法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

既存不適格建築物の関連キーワード建築確認申請建築基準法道路建築物空地地区建ぺい率公法上の規制建築基準法第8条(維持保全)耐震偽装事件換気システム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

既存不適格建築物の関連情報