コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既存不適格建築物 きぞんふてきかくけんちくぶつ

不動産用語辞典の解説

既存不適格建築物

建築基準法に違反している建築物であっても、建築基準法および施行令等が施行された時点において、すでに存在していた建築物等や、その時点で既に工事中であった建築物等については、違法建築としないという特例を設けています。
このように、事実上違法な建築物であっても、法律的には違法でない建築物のことを「既存不適格建築物」と呼びます。
但し、既存不適格建築物は、それを将来建て替えようとする際には、適法な建築物への建て替えが必要となります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

既存不適格建築物【きそんふてきかくけんちくぶつ】

現に存する建築物もしくは工事中の建築物のうち,その工事の着手時には適法であったものが,建築基準法またはこれに基づく命令・条例の改正により,それらの法規に適合しなくなったものを指す。
→関連項目違反建築物建築基準法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

既存不適格建築物の関連情報