日中民間貿易協定(読み)にっちゅうみんかんぼうえききょうてい

世界大百科事典内の日中民間貿易協定の言及

【東西貿易】より

…中国はソ連を修正主義者と呼び,みずからの対外経済政策として自力更生を標榜(ひようぼう)し,閉鎖的政策を続けた。なお日中間では1952年に日中民間貿易協定による民間貿易が始まったが,たびたび政治的変動にさらされ,規模も小さかった(〈日中貿易〉の項参照)。1954‐71年期は,中国を除く,東西間貿易拡大期とみなすことができる。…

【日中貿易】より

…日本と中華人民共和国の貿易関係は,両国の政治状況と国際情勢に大きく左右されながら,紆余曲折を経て発展してきた。まず,新中国成立(1949)から第1次日中民間貿易協定が調印される1952年6月まで,両国間に協定もなく,1950年6月の朝鮮戦争勃発,アメリカの対中国輸出禁示,国連の中国・北朝鮮向け戦略物資禁輸勧告と続き,日本の対中貿易は微々たるものであった。52年,朝鮮戦争終結後,日中貿易協定が結ばれ,57年4月には広州において第1回の交易会(広州交易会)が開かれ,中国の第1次五ヵ年計画(1953‐57)の順調な発展に伴って日中貿易は急速に伸びていった。…

※「日中民間貿易協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報