コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日乾 にちけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日乾 にちけん

1560-1635 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)3年生まれ。日蓮宗。京都本満寺の日重に師事。本満寺13世をへて慶長7年身延山久遠寺21世となる。京都鷹峰(たかがみね)に檀林(だんりん)をひらき,また江戸城での不受不施派との対論(身池対論)に出席して勝利した。寛永12年10月27日死去。76歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。俗姓は塚本。字(あざな)は考順。号は寂照院。著作に「宗門綱格」「破奥記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にっけん【日乾】

1560‐1635(永禄3‐寛永12)
安土桃山末期・江戸初期の日蓮宗の僧。若狭国(福井県)小浜に生まれた。俗姓は塚本氏,寂照院と号する。10歳で父を失い,故郷長源寺日欽に就いて出家。日欽の没後,上洛して本満寺日重に師事した。内外の学を修め,1588年(天正16)日重の譲りを受けて本満寺8世を継承した。1602年(慶長7)後陽成天皇の下問に応じて《宗門綱格》を上書し,本宗の宗旨を明らかにした。請われて身延山久遠(くおん)寺21世も務め,そのおり,立正会竪義(りゆうぎ)の式を整えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日乾の言及

【久遠寺】より

…こうして,日朝ら3人は身延中興の三師と呼ばれる。近世初頭には,関西の六条本国寺門流の日重が貫首に招かれたが,日重は弟子日乾(につけん)を推した。日乾に次いで同門の日遠(にちおん)も貫首に就任,関西門流の東国進出を果たした。…

※「日乾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日乾の関連キーワードジャムダット・ナスル文化ビーフン(米粉)チャンフー・ダロ預言者のモスクカルナック神殿オールスパイスハッスナ文化日干しれんが身欠きニシン宮崎ちりめん身欠きにしん和三盆糖霰糖ジッグラト組積式構造煉瓦造建築高周波乾燥プエブロ族タラウマラテマスカル能勢妙見堂

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android