コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日了尼 にちりょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日了尼 にちりょうに

?-1659 江戸時代前期の尼僧。
日蓮宗。法華(ほけ)経をよみながら諸国をめぐり,山城(京都府)慈雲寺の寺主日喜のために仏殿を新築した。万治(まんじ)2年5月17日死去。字(あざな)は妙法。号は信解院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日了尼

生年:生没年不詳
安土桃山時代後期の日蓮宗の尼。一説によると万治2(1659)年に死去。字は妙法,信解院と号す。俗姓,師主は不明。住所を定めず,一心に題目を唱え,法華経を読誦し,諸国を遍歴して甲斐国(山梨県)身延山に7度参詣し,苦行に耐えたという。山城国(京都市)慈雲寺本堂を新造し,紀伊国(和歌山県)で没した。<参考文献>日潮『本化別頭仏祖統紀

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日了尼の関連キーワード浅井了意ホイヘンス浅井了意天文学史(年表)井伊直孝伊曽保物語井上通岩田涼菟雲居大石良雄