コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日仏尼 にちぶつに

2件 の用語解説(日仏尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日仏尼 にちぶつに

1231-1299 鎌倉時代の尼僧。
寛喜(かんぎ)3年生まれ。日蓮宗。日蓮の身延入山の際,粟(あわ)飯を供養して弟子となり,粟冠(さっか)の姨(うば)とよばれた。下之坊を創建して日蓮につかえ,日蓮の死後,わが子の日了とともに郷里の甲斐(かい)(山梨県)に妙了寺をひらいた。正安(しょうあん)元年8月22日死去。69歳。字(あざな)は妙了。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日仏尼

没年:正安1.8.22(1299.9.17)
生年:寛喜3(1231)
鎌倉時代の日蓮宗の信者。字は妙了。甲斐国(山梨県)巨摩郡の人。文永11(1274)年日蓮の身延入山のとき栗飯を供養して弟子となったため「栗冠の姨」と呼ばれ,下の坊を建てて日蓮に常時給仕した。弘安2(1279)年,難産のすえ男子を出生し,日蓮によって是好麻呂と名付けられた。日蓮没後,甲斐に帰って,長じて出家した息子の中道院日了と共に廃寺の妙竜寺を復興し,日了を開山として妙了寺と号した。妙了寺は,日仏尼の出産伝承によって安産祈願の寺となっている。<参考文献>日潮『本化別頭仏祖統紀

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日仏尼の関連キーワード安国論寺祖師題目講日華能勢妙見熱原神四郎久保田日亀日妙尼日了尼妙一尼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone