コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日像幢 ニチゾウドウ

2件 の用語解説(日像幢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にちぞう‐どう〔ニチザウ‐〕【日像×幢】

元日や即位式のときの威儀の具の一。黒塗りの高さ3丈(約9メートル)の柱に、金漆塗りの九輪を貫き、その上に日にかたどった金漆塗りの円板に朱で3本足の烏を描いたものをつけたもの。儀場の庭上に立てる。⇔月像幢

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にちぞうどう【日像幢】

天皇の即位式など重大な儀式の際、庭前に立てる仗旗じようきの一種。9メートルほどの黒塗りの柱に、金色の丸い輪九つを貫き、その上の金色の円板に赤く三つ足の烏を描いてある。 → 月像幢

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone